<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

103(後編)


それでとりあえずは管理会社に事情を説明したほうがいいということになり、契約を結ぶ際に名刺を渡されていたリハ○スの小松崎と連絡を取ることにしました。








僕「もしもし」
小松崎「あ、どうも、いつもお世話になっております」
僕「契約更新の件についてなんですけど」
小松崎「はい」



~~~~~



小松崎「あー、本当ですね。8千円も安い」(実際に確認しながら)
僕「そうなんですよ」
僕「なので、僕の部屋の家賃も来年からそこと同じ値段にしてもらえないかなと思いまして」
小松崎「ふむ・・・(こじきわろた)」
僕「で、その件について僕が直接大家さんと交渉とかってしてもいいものなんでしょうか」
小松崎「あ、それは困ります」
僕「えっなんで」
小松崎「一応そういう取り決めになっておりまして・・・」
小松崎「ですので、私が仲介となってたてじわ様の希望を大家さんの方に伝えるという形でもよろしいでしょうか」
僕「じゃあそれで」
小松崎「では大家さんから返答をもらいましたらまたこちらからご連絡させていだだきます」
僕「よろしくおねがいします」



もうこの時点で嫌な匂いしかしない。半年も前のことなので会話はけっこう端折りましたけど、そもそもこの小松崎ってやつの頭が若干足りてないんですね。話の途中でも何言ってんだこいつ的な発言がちらほらあったわけです。どう考えても大家に論破されてのこのこ帰ってくるビジョンしか見えない。


~2日後~


小松崎「お世話様です」
僕「こんにちは」
小松崎「例の件なのですが、結論から申し上げますと 家賃の値下げをするつもりはない とのことでした」









gyagu.jpg







もう開幕からブチ切れですよ。なにがしたり顔で「結論から申し上げますと」だよと。なんならお前そのフレーズ言いたいだけちゃうんかと。そもそも事前に伝えた大家に対するこっちの言い分をちゃんと理解した上で交渉に臨んだのかと。実際はどうせへらへら笑いながら「なんか乞食がほざいてるだけっスヨwwwよくあることッスwwwつーか8千円も安くしろとかもはやギャグっすよギャグwwwじゃ、値下げには応じない方向でwwwフヒッ」みたいにクソのような談合を繰り広げてただけちゃうんかと。
僕も久しぶりに完全論破モードですよ。






img_2.jpg






僕「えっと、理由を聞いてもいいですか?」
小松崎「ええ、隣の104号室って2年間ずっと空室になってますよね?」
僕「ですね」
小松崎「なのでいい加減早く誰かに入居してほしいとのことで、半年ほど前からその部屋だけを値下げしているそうです。ですので、その部屋以外の家賃まで下げるつもりはないと」





2013091714475920a.jpg





僕「まず最初に、もし家賃が一切動かないようでしたら、来年からは他のところを探そうと思ってるんですよ(ハッタリ)」
小松崎「あ、はい・・・」
僕「でも逆に、隣の部屋と同じ値段とまではいかなくても、少しでも安くしていただけるならもう2年間はこの部屋でお世話になろうかなと。わざわざ隣の部屋に引っ越すのも手間がかかりますしね」
小松崎「はい」
僕「で、仮にですよ。僕が出たとするじゃないですか」
小松崎「ええ」
僕「そうすると、僕が今まで住んでた部屋を安くなった隣の部屋と同じ家賃で売り出さないといけなくなりますよね。部屋の大きさとか配置は同じわけですから」
小松崎「まあ、そうなりますね」
僕「つまり、2年間も売れ残るような家賃の下がった部屋が2つに増えるくらいなら、家賃を少し下げてでも片方は僕に住み続けてもらったほうが明らかに大家さん側としても得ですよねって話なんですよ」
小松崎「うーむ・・・」


ここぞとばかしに畳み掛けます。


僕「そもそも、半年も前から値下げをしているのにも関わらず104号室にまだ誰も入っていないってことは、家賃を8千円下げても尚、適正価格から外れてるんじゃないですか」
小松崎「そうなりますかね」
僕「てことはその適正外の価格から更に8千円も高く払わされてる僕からしたら、いよいよ他の物件を探すかって気にもなってくるわけですよ」
小松崎「ふーむ・・・」







a1b22287.jpg






開幕2分半で完全論破ですよ。これがもしダンガンロンパの世界だったらこのカスが真っ先に死んで小松崎バターの出来上がりですわ。
しかし僕が勝利の余韻に浸りほくそ笑んでいたのも束の間、再起不能になったと思われた小松崎が突然、少なくとも日本語ではない、僕の理解の範疇を超えた未知の言語を喋りだすんですね。










小松崎「でも、上の階の方たちはもっと高い家賃で住んでいらっしゃいますし・・・」











271x472x5b7536542c8740ec0c7b7495.jpg














お 前 な







ど こ の 世 界 に 違 う 階 層 の 家 賃 を 同 列
に 語 る 不 動 産 屋 が い る ん だ よ








僕「え・・・えっとそれは防犯上とか、日当たりだったり景観だったりそういう付加価値的な意味で家賃が高くなってるわけですよね・・・?」
小松崎「ええ、まあ・・・」
僕「え、おう・・・」
小松崎「・・・」
僕「・・・」




もうこいつお話にならないんですよ本当に。現世を生きる小松崎の中でも圧倒的に下から数えたほうが早いレベルの小松崎というか、むしろ小松崎界の最底辺を這いつくばってる系小松崎というか、とにかく小松崎なんですよこいつ。
なのでこれ以上小松崎と話をしていても埒が開かないということで、部屋の家賃を値下げなかったらいかに大家側が損するかということを認識させるべく、今言ったことを一言一句違わず大家に伝えてこいとだけ言ってその場は電話を切ったんですが、まあ案の定ですよね。ただの守銭奴なんですよ。









~2日後~










小松崎「結論から言いますt(ry」


僕「出るわ」














__
    ̄ ̄ ̄二二ニ=-
'''''""" ̄ ̄
           -=ニニニニ=-


                          /⌒ヽ   _,,-''"
                       _  ,(^ω^ ) ,-''";  ;,
                         / ,_O_,,-''"'; ', :' ;; ;,'
                     (.゙ー'''", ;,; ' ; ;;  ':  ,'
                   _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'  ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'     d⌒) ./| _ノ  __ノ












スポンサーサイト

| リアル | 01:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おたふくソース送ったるから新居の住所

| せいな | 2014/06/16 01:18 | URL |

>>せいな
ノーセンキュー

| たてじわ | 2014/07/02 17:32 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://siwa3.blog.fc2.com/tb.php/285-e7e41445

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%topentry_hour-http://purl.org/dc/elements/1.1/